ひきこもり主婦の挑戦?

2017年、あらためて投資記録をつづります。

年始の香港旅行で思ったこと。投資的視点から。

年始の1月3日~6日まで家族3人で香港旅行をしています。

 

見聞を広めるため、楽しみのために

できるだけ年に一度は海外旅行に行くようにしてますが

円安がすすんで うちのような庶民には厳しくなってきてますね。。

 

次行くのはいつになることか。。

 

さて。せっかく香港にきてるので

投資的視点から香港をみて気づいたことをいくつか

メモ書きしておこうと思います。

 

 f:id:naomusu2:20170104153812j:image

 

私は20年ほど前に香港に旅行に行ったことがありますが、

その時はまだ 三流国なイメージで

派手な看板と食べ物が美味しいところと思ってました。

 

今回、香港で感じたのは

香港はとても活気があって、 日本との経済格差もほとんどなくなったように感じました。

あの派手派手看板もかなり撤去されてました。

都市化が進んでいます。

 

物価はだいたい日本と同じくらいかな?

 

外食は、日本のチェーン店ほど安いお店はあまりないかも。。

油断してると一人3000円くらいすぐに取られてしまいます。

 

日本の外食業界は労働者が搾取されまくってるな。と

改めて思いました。

 

香港では過剰なサービスも一切なし。

愛想もないし、ビジネスライクですが全く不快ではありません。

日本はやり過ぎなのでは?

 

 

地元民はとにかくよく食べます。

朝からガッツリ食べてました。

だからあんなにみんな元気なんでしょうか。

 

街は海を挟んで 大陸の九龍と、香港島

お互いをフェリーで行き来できたり、

夜景をお互いの対岸から見ることが出来て

魅力的な街づくりとなってます。

 

毎晩、夜8時から光のショーをやったり

観光に力をいれているのがわかります。

が、まだクオリティが低く改善の余地はいたるところにありそう。

 

化粧品やお菓子、日常品は 日本のメーカーが

多いようです。

吉野家セブンイレブンなど日本のお店もよくみました。

 

また、キティちゃん、ポケモンドクタースランプアラレちゃん?

など日本のキャラクターもあちこちで見かけました。

 

人びとはおおらかで、大雑把。

それが非常に楽なのですが、

街の混雑具合が東京と同じになってきてて

余裕のない人も見かけました。

 

 

3日目はマカオに行ったのですが、

観光地はマカオ香港同様 凄い人混みでしたが

豪華な カジノホテルは かなり人が閑散としてて寂しい感じでした。

 

チャイナショックの影響でしょうか。

 

あちこちに 新しくホテルを作るような感じにはなってましたが

工事は止まっているようでした。

 

こちらはちょっと心配ですね。

 

簡単でお恥ずかしいですが 以上が私が感じたことです。

 

 

↓ワンクリックお願いします_(._.)_

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村