読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもり主婦の挑戦?

2017年、あらためて投資記録をつづります。

インベスターz 11巻読みました。

経済

今日は、子供の習い事の付き添いでした。

 

朝早く家を出ましたが、なんとか二人分のお弁当をもって

習い事終わってから、二人でたべました。

 

家に着くと、いつも2時くらい。

 

歳のせいか、それだけでグッタリしてしまって、夕方まで休んでしまいます。

 

けれど、月曜日に献立をしっかり考えていたお蔭で、

昨日作った 肉じゃがの残りと、朝に作ったほうれん草のお浸しがあり

夕飯もすぐに用意できましたw

 

こういう、ちょっとした工夫が節約につながりますねw

 

 

さて、今日は、習い事の行き帰りの電車で

 

TUTAYAでレンタルした

「インベスターZ」11巻を読みました。

 

とっても面白い漫画なんですが、

11巻は、FX(しかも短期でレバレッジがすごい)がメインで。。

投機的な内容が、どうも好きになれませんでした。

 

もちろん、上手い方はチャートの読み方とか

それだけで巨額に稼いでるかたもいらっしゃいますが

やっぱり投資というよりギャンブル的な内容ですよね。。

 

 

そういうことより、

投資を通して、経済のことを深く知りたいんだけどなあ。。

 

けども、ページ数的には少ないですが、

さくらちゃんという子のお母さん(シングルマザー)が

喫茶店を始めよう、という話は面白かったです。

 

※以下、ネタバレ注意

 

商店街の片隅にあるという、一見 商売として難しそうな昔ながらの喫茶店。

 

ところが、

高齢の店主の引継ぎということで、

売り上げの10%だけ払ってもらえばよいという好条件。

 

商品はコーヒーなどの飲み物のみ。

原価が20円に対し、600円のコーヒーなので、

1時間に3人ほどの注文を受ければ、月に50万円ほどの売り上げが出る。

 

珈琲豆は数年保存がきくので、安いときに大量に仕入れて

その都度焙煎して出せばよいというもの。

 

とかく、商売をするというと、

手を広げようとしがちですが、

あえて、料理などは出さないのがポイントと。

 

成長と拡大を目指すのがかえって、自分の首を絞めることになる。

 

そして、今はスマホがあるため、

このような個人商店でも、SNSなどの拡散で

充分 やっていけるのが強み。

 

このあたりの話は、とても興味深かったです。